时尚

腰に挿した竹刀の

证问陇蚺铯松悉菠扑摔蛐呐浃工霊B度に、金剛は心の中で笑った。だが、表情は依然不機嫌そうなままだ。
「そうだな。大和と伊勢は情報によると部屋に閉じこもっているらしい。ただし大和は武蔵の部屋にいるそうだ」
「え? どうして」
「長谷川が部屋を占領してしまったからだそうだ。奴も今は休暇をとってずっと引きこもっているらしい」
「長谷川君が???」
 長門は最後に見た彼の姿を思い出す。彼は『陸奥』に乗っていたはずなのに、『扶桑』の甲板で倒れていた。あれはきっと陸奥が最期の力を振り絞って彼を転送したのだろう。陸奥は彼に生きていてほしかった。そして、翔輝は陸奥の最期を見たただ一人。
 人の死にもろい彼が、目の前で絶命し掛けている陸奥を目にして、無事でいられるはずはなかった。
「長谷川君、立ち直れるかしら???」
「ふん。あいつはアホでバカではあるが、そう簡単には折れない心を持っている。きっと大丈夫だろう」
 金剛は珍しく翔輝をほめた。そんな彼女に長門も驚く。
「あら、金剛は長谷川君にそんなに優しい人だったかした?」
「アホか。落ち込んでいる人間にとどめを刺すほど、私は冷酷ではない」
「ふふふ、そうね」http://www.vm55.com
chan luu チャンルー
chan luu usa
 くすくすと笑う長門に、どこか釈然としない金剛。
「まぁ、貴様はもちろん、親友だった伊勢と好敵手だった大和。そしてその原因だった長谷川。陸奥の重要関係者は全滅といった所だ」
「そう???」
 長門はため息した。予想通りか、それとも予定外なのか、それは彼女にしかわからない事だ。そんな長門を見ていた金剛だが、ふと時計を見ると眉をひそめた。
「もうこんな時間か。そろそろ行かなくては」
「???仕事?」
「あぁ、お前や大和の不在と陸奥の欠員で執行部とその補佐をする遊撃部の統制が取れてなくてな、極上幹部会の仕事が進まないらしい。そこで武蔵から野党である審理部部長の私に直々に救援要請が来ていてな。本当は友軍の劣勢しか書かれていない書類を処理するなど気は進まんが。旗艦直々の命令とあれば仕方がない」
 そうつまらなさそうに言う金剛だが、その表情はどこか嬉しそうだ。そんな金剛に、長門は小さく微笑む。
「???変わったわね。金剛」
「そうか?」
「えぇ、今までなら上官であろうと自分より年下の命令を受け付けなかったあなたが、武蔵の命令を聞くなんて。よっぽどあの子がお気に入りみたいね。榛名がやきもち焼くわよ?」
 長門のからかうような物言いに、金剛は鼻を鳴らす。
「ふん。武蔵は極めて優秀な人材だ。お前以来の優秀な艦魂だからな。その能力は私や貴様をも凌駕する。いずれ我が帝国海軍を導いてくれるだろう。その時に奴の下で機敏に動けるように今のうちに慣れとかんとな」
「それって、ただ単に恩を売っていつか彼女が重役になった時いい役をもらう為に媚(こび)を売ってるだけじゃない?」
「なぁッ! 貴様???ッ!」
「あら? 大当たり?」
 長門が嬉しそうに言うと、金剛は殺意たっぷりの瞳で彼女を睨み、腰に挿した竹刀の柄をグッと握る。
「おい貴様。頼むから一発だけ殺らせろ。安心しろ。痛みは一瞬だから」
「そ、それはちょっと???」
 冷や汗を流す長門を見て、金剛は苦笑した。
「思ったよりも元気になっているようだ。安心した」
 金剛はそう言うと、立ち上がってドアに向かった。夕焼けに照らされてキラキラと輝く金色の髪は、天の川のように美しい。そんな彼女の背中に、長門をそっと声掛ける。
「金剛」
 呼び止められ、金剛は振り返って不思議そうな顔をする。そんな彼女に、長門は満面の笑みを送る。
「私がいない間、みんなをよろしくね」
 長門の言葉に、金剛も静かに笑みを浮かべた。
「あぁ、わかった。なぁに、お前や大
by abcdokok | 2013-10-17 12:31


baobao


by abcdokok

画像一覧

カテゴリ

以前の記事

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

おすすめキーワード(PR)

ブログパーツ

最新の記事

ugg ブーツ 通販
at 2013-10-26 14:31
矢部美穂母 マツコ・デラック..
at 2013-10-21 15:01
腰に挿した竹刀の
at 2013-10-17 12:31
雪風の冷たい言
at 2013-10-16 15:28
翔輝は再び布団に入る
at 2013-10-14 14:52

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

XML | ATOM

skin by excite